MENU

 アオイちゃんと待ち合わせをして、シティホテルのデイユースでチェックインをすることになりました。
すごく可愛いひとつ年上の女の子で、しかもエッチな関係を初体験するんですからね。
とっても緊張しちゃってて、年上の彼女に優しくリードされたって感じでした。
初めての女の子同士のエッチは、想像をはるかにしのぐ興奮と感動と快楽が待っていました。
女の子に自分のエッチな部分をペロペロされちゃって、彼氏にされるのとはまったく違った気持ち良さを味わっていきました。
「瑠奈ちゃんのエッチなマンマン、こんなに濡れちゃってる」
エロいこと言われながら触られたり、舐められたり続けちゃったんです。
私も女の子のエッチな部分にはとっても興味があったから、思いっきりクンニやっちゃいました。
相手も感じ続けてくれて本気で興奮することができたのでした。
その日以来、時間を見つけては彼女とのエッチな関係を作っていく事になったのです。
やっと念願の女の子同士の相互クンニを経験して、とても素晴らしいと感じ続けてしまっている状態です。
関係は次第にエスカレートしていくもので、アオイちゃんはペニバンを持ってきて、私に挿入をはじめちゃうんですからね。
選手交代で私もペニバンを付けて彼女の穴に突っ込んで会って、犯しまくりって感じだったんです。
彼氏とするエッチとはまったく違う快楽があるし、だからといって彼氏とのセックスもとっても楽しんでいるし、性の悦びが広がったって感じがします。
彼氏の方も私とアオイちゃんの関係を聞くとすごく興奮するのか、いつも以上に頑張ってくれたりするんです。
レズビアンを経験してからの私は、より一層多くの快楽を味わうようになっていけました。

アオイちゃんとはまったく拘束されない、伸びやかな関係を作ることもできているので最高なんですよ。